日本入国・帰国|Visit Japan Webとは?登録の対象者は?紙とどっちがはやい?について解説!2023年8月時点

未分類

こんな方におすすめです

  • 海外旅行から帰ってくるときに、Visit Japan Webは必要なのかわからない方
  • そもそもVisit Japan Webがわからない方

この記事でわかること

  • Visit Japan Webとはなにか
  • Visit Japan Webを登録すべきかどうか

Visit Japan Webとは?

そもそもこのVisit Japan Webとはどのようなサービスなのかをご紹介していきます。

Visit Japan Webとは、「入国手続きオンラインサービス」です。
具体的には、「入国審査」「税関申告」をWebで行うことができるサービスです。

対象者は、日本入国の外国人と帰国する日本人です。
今回は海外旅行から帰国する日本人の方をターゲットに登録の必要性などもご紹介します!

0. 日本入国(帰国)のながれ

まず海外旅行から日本に帰国する時の流れは以下となっています。

①飛行機が到着
②検疫(コロナの検疫もなくなり、普通は何もすることはないです。)
③入国審査
④預け荷物の受け取り(バゲージクレーム)
⑤税関

1. Visit Japan Webの用途と対象者

Visit Japan Webは、以下の用途です。

  • 入国審査:入国カードを記入せず、登録情報をQRコードで表示できる。
    →対象者:新規入国の外国人 ※海外旅行から帰国する日本人は不要。
  • 税関:紙の申告書を記入せず、Webで入力した内容をQRコードで表示できる。
    →対象者:全員

海外旅行から帰国する日本人は、2つ目の税関でのQRコードでのみ使用することになります。

しかし、このVisit Japan Webは必須ではありません
従来の紙の申告書でも問題ありません。
※紙の申告書の方が早く税関を通過できるという情報もあります。

2. 登録方法

ここでは、登録方法をご紹介します。
ただ、デジタル庁のホームページがとてもわかりやすいのでリンクを貼っておきます。

利用の流れ|Visit Japan Web|デジタル庁

3. 使用方法

これは政府のYoutubeに使用のイメージとしてわかりやすい動画があったので、こちらをご参照ください。

4. 実際には便利なの?

2023年7月に海外旅行の際に、このVisit Japan Webは便利なのか確認してみました。

①機内での税関申告書の記入がない → そこそこ楽

まず、今までは記載していた紙の税関申告書の記載がありません。
機内の狭い空間でこの申告書を記載するのは、めんどくさいといえばめんどくさいです。

そもそも税関申告書とは?

日本に入国する際に、日本に持ち込むものを税関に申告する書類です。

(イメージ)

https://www.customs.go.jp/kaisei/youshiki/form_C/C5360.pdf

帰りの飛行機で疲れて寝たいのに書かなきゃいけないかったり、飛行機の揺れでうまくかけなかったり、ペンを持っていなくて借りなくてはいけなかったり。

事前に印刷して記入することもできますが、そこまでするのは面倒です。

ただ、数分で終わるのでそこまでめんどくさいないのも事実だったりします。

②入国時のスピード → 状況にもよるが、基本的には早く通過できる

Visit Japan Webで事前に登録していれば、読み取り機械にQRコードをかざすだけで入国ができます。
なので、基本的には早く入国することができていました。

しかし、日本人の多くはこのVisit Japan Webを使っているので、読み取り機がすこし混雑していました。
一方でいままでの紙の税関申告書の場合は、係員に申告書を渡して通過する必要があるのですが、ガラガラでした。

なので、外国人が少なくて日本人が多い場合は紙の申告書の方がスムーズに通過できる場合もあることがわかりました。

まとめると、記入の手間は省けるし、基本的には早く通過できるのでVisit Japan Webの使用はおすすめできると思います

ただ、状況によっては紙の方が早いこともあるという感じでしょうか。

いずれにしてもキーとなるのは外国人(Visit Japan Webを使っていない)がどれだけいるかです。
おもに以下の状況では紙の方がいいかもしれません(個人的意見)
・そもそも日本での海外旅行シーズン
 →GWやお盆の終わりは日本人の帰国ラッシュなので、日本人が多い。
・フライト数が少ない時間帯。
 →日本人は入国審査がすぐ終わるので、自分のフライトに乗っていた外国人と税関で勝負になることは少なく、むしろ日本人の間で読み取り機の争奪戦になる。外国人が入国審査中で日本人が読み取り機に並んでいる間に紙の税関申告書で通過するとスムーズかもしれません。

実体験として、羽田空港に2:00AM着の場合は紙の方が早かったです。

まとめ

Visit Japan Webは、入国(帰国)の時に必要な手続きをオンラインで行うサービスです。

ただ、従来の方法での手続きも可能です。

僕は、Visit Japan Webが早く手続きが終わるようになるまでは、従来の方法でもいいかと思っています。
ご自身の用途に合わせて使うかどうかを決めてもいいと思います!

ではでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました